任意整理の司法書士法人|赤羽法務事務所
無料相談はこちらから
ご相談はお気軽に。
状況に合わせてあなたに適切なアドバイスをいたします。
お問い合わせはこちらから
あなたのお問い合わせにお答えします。
24時間メール問い合わせ受付中です。
資料請求はこちらから
借金のこと、詳しく知りたい方。
まずは資料をご請求ください。

*現在、フォーム制作中につき、メールでご連絡ください。
TOP > 任意整理(3)解決事例

借金解決事例

司法書士任意整理による解決ケース1

葛飾区在住のAさん(57歳)は、住宅ローンも支払い終わり、平凡な生活を送っていたのですが急な出費があるときは、銀行のATMの感覚で消費者金融をちょくちょく利用してきました。現在までは返済を遅らせたことはなく、現在も5社から200万ほどの借入れがありますが返済していました。

Aさんはなんの違和感もなく利用していたのですが、ある日仕事中に倒れてしまい、救急車で運ばれてしまったのです。もともと貯金などをしていなかったAさんにとって高額な手術費用をどのように工面するかが大変な問題となってしまったのです。

消費者金融の返済がたいへんな状況になってしまいました。日が経つにつれて、消費者金融からの取立ては厳しくなり、今まで優しかった消費者金融の担当者も人が代わったかのように返済を迫ってきました。

ある日、ホームページを見ていたところ、借金に困っている人に最適の借金整理方法があるとのことで、司法書士法人 赤羽法務事務所に1度電話してみました。無料電話相談すると春日司法書士さんが「任意整理」という方法で解決できるだろうという話をされ、司法書士法人 赤羽法務事務所に相談に行くことにしました。

借金の総額と司法書士との任意整理方法

○現在の借金の残額と取引期間
A社(消費者金融) 約15年間 50万円
B社(消費者金融) 約12年間 50万円
C社(消費者金融) 約8年間 40万円
D社(消費者金融) 約6年間 30万円
E社(消費者金融) 約5年間 30万円
合   計 200万円

解決方法

「任意整理」の説明を受け、依頼することにしました。簡単に言うと、利息を約18%以上とることは法律で禁止されているため、取引当初から利率を18%として、計算し直し、その金額を3年間かけて返済していく計画を一緒に立てました。その計算により、
A社(消費者金融) 120万円
B社(信販会社) 60万円
C社(消費者金融) 30万円
D社(消費者金融) 12万万円
E社(消費者金融) 10万円
合   計 232万円

が返還され、借金がゼロになりました。

Aさんはその後、体調も回復し、リハビリも終え、仕事に復帰したそうです。消費者金融から多額の借り入れがある場合は、信じられないくらいの過払い金が出ていることも少なくありません。是非1度ご相談下さい。

借金問題にお困りの方、司法書士に任意整理についてお気軽にご相談下さい。

 


 

司法書士任意整理による解決ケース2

川崎在住のBさん(34歳)は、独身で一流のエンジニア。給料も50万円ほどあったため、不自由ない生活を送っていました。仕事も順調でした。結婚願望が強かったのですが、よい女性に恵まれず、それが唯一の悩みでした。

そして結婚相談所に入ったのですが、なかなかよい女性とめぐり合えません。そんな時、大学時代の後輩から電話があり、合コンに参加しました。そのときであった女性と意気投合し、なんどかデートを重ねるうちに付き合うようになりました。

ある時、彼女から夜中に泣いて電話があり、「父親が癌になって、すぐに手術をしなければ手遅れになると言われた」というのです。Bさんは結婚も考えていたので、自分の義理の父親になる人のためだと思い、銀行やVIPカードのキャッシング機能を使い、合計300万円(毎月15〜20万の返済)を借り入れました。そして、すぐに彼女にそれを渡しに行くと、彼女はとても喜んでくれました。

しかし、その後2週間経っても何も連絡がありません。おかしいと思ったBさんは、携帯電話に連絡をしたのですが、既に解約されていました。徐々に、不安になって後輩に連絡したところ、合コンの女性幹事にすぐに連絡を取ってくれましたが、幹事もその女性の事は3ヶ月前に知り合ったばかりでほとんど何も知らないというのです。途方にくれたBさんが電車に乗っていたとき、中刷り広告で司法書士法人 赤羽法務事務所を知り、任意整理で借金を解決できる事をはじめて知りました。すぐに電話をし、次の日に事務所まで出かけました。

借金の総額と司法書士との任意整理方法

○現在の借金の残高と取引期間
A社(銀行) 約1年間 200万円
B社(信販ローン) 約1年間 100万円
合   計 300万円

解決方法

司法書士の調べでは減額することはできませんでした。しかし「Bさんは収入が比較的多いことと安定しているので任意整理で整理することができる」というのが当方で出した結論でした。Bさんは困惑しながら、説明を受けた所、確かに「任意整理」でも利息が18%を超えない場合は、減額することはできないが、将来利息を全てカットすることができる。つまり、毎年支払わなければいけない利息分、1年間で金約30万円を支払わなくて済むということなのです。Bさんはすぐに「任意整理」をお願いし、結果、毎月約10万円の返済を2.5年間することで完済できる返済計画になりました。

借金問題解決の第一歩は一人で悩まない事です。司法書士と任意整理で解決しましょう。お気軽にご相談下さい。

 

=任意整理のその他の項目=
 >>>任意整理とは
 >>>手続きの流れ
 >>>借金整理の基礎知識